にゃん

アホ性悪メンヘラ陰キャ根暗ブス

自己嫌悪

ことごとく自己嫌悪しかできない。実際自分は嫌な人間だから仕方ないんだけど、でも自己嫌悪って自分で勝手にやって起きながらすごくすごく意味わからんくらい辛い。気短いし優しくないし怒りっぽいし心が狭いし、それを辞めたくて表面から改善しようたって心の底ではイライラするし腹立つしそれを我慢するから疲れて仕方なくてやめたくなるし、心の底では全く改善されない自分を客観的に見て最低すぎて死にたくなる。物語の主人公とか救われる人間はみんなアホみたいに人間が完成されてて共感できない。所詮私は下賤人間だなって思う。悲しくなる。他力本願になる。もう自力では無理だなって本気で思ってる。

誰かと友達になりたいけど、本当の本当に私自身がクソ人間で、クソ人間なりに自分は他人の嫌な部分が気になって、その分相手も私基準に私にイラついてるんだろうなって思って、それに私みたいなクソ人間が普通の人と話すのは格が違いすぎて腰が引けて、もうとてもだめ。人のこと信じられない。でも本当は友達欲しい。でも友達がいなさすぎてもし仮に友達ができたとしても許容範囲とかわからないしで不安になる。今更幼稚園児みたいな友達の作り方してる。

世界で一番自分のダメなところを知ってるつもりだから、死んでしまいたくなる。というかこれ以上自分の評価を下げたくなくて、自分のこと他人に知られたくなくなる。




とーーーにかく、人が信じられない。自分が特に信じられない。本当は寂しくて仕方ないんですけどね。でも助けて欲しいってわけじゃない。寂しい代わりにある程度安心できるんだと思う。ただでさえ自分は心が不安定だから、ちょっとでも安心が欲しい。仕方ないね。友達になりたいなって思う子だって居るけど、怖いからやめとく。嫌われた時のリスク考えるとやばすぎ。無理。





神様ってもしかして実在したのでは?って思う。ガチで神は信じてなかったのに心に余裕がなさすぎて神を信じたいという気持ちは割とガチである。神様いたとしたら最高の世界だと思う。なんでも神様のせいにできるし、なんでも神様に夢のチャンスが与えられる。神様はすごいよ。いたらいーのになー、いないけど。

それで神様ってもしかしたら実在したかも!って妄想をする。よく、先史時代の前に現代と同じかそれ以上に発展した世界があったってオカルトあるじゃん、その時代に実は神様が目に見えて実在したのではって妄想する。今は神様消えちゃったから人間も冗談半分で信仰してるけど、昔の人はあんなに真剣に信仰してるのみると本当に目に見えてたから信じてたのでは?とか思う。前の文明と一緒に神様死んじゃったんじゃない?神様殺したの誰?神様なんて実在しても私は愛されないから先に殺してくれてありがとね。神様いたら幸せかもしれないけどさらに不幸かもしれないからね。結局現状が一番なのよ





自己嫌悪やばすぎてウケる

いちいち文字にしてられないスピードで自己嫌悪してしまう、すごい、自己嫌悪しながら別部分で自分客観視してしまう。憐れで愚か。私にぴったり





世界が広い。世界が広すぎて悔しいから私は銀河系を出たい。誰も体験したことないことやりたい。劣等感しか感じてなくて、本物の優越感を感じてみたい。誰もみたことないものを見て理解して誰にも教えず自分の中に閉じ込めて笑いながら誰もしたことない死に方で終わりたい。アインシュタインとかすごい。かっこよすぎ。羨ましすぎて憎い。永遠に死ねない体にして蘇らせたい。

自分の中に「死は救いであり幸福」とかいう宗教飼ってるせいで意味不明なこと考える、でも多分不死身が実現したらこの宗教は一気にだめになる。不死身がベストだけど叶えられないならさっさと死んでしまえって気持ち、叶わないなら願わないほうがいいって感じ。





本人が例えばとんでもない不幸だとしてもさ、私はIQ300とか羨ましいよ、羨ましいからその人にとって不幸でも私にとってはその人は幸せなんだよ。(でも私は多分誰にとっても幸せじゃないよ。)でも誰かにとって幸せなんだから幸せ感じて生きなきゃいけないとは全く思わないね。





夢から覚めない人間だから魔法使えるようになりたいっていっつも願ってる。叶わないってわかってるけど願うのをやめたくない。もう既に辛いけど願わなくなったら更に辛くなると思う。夢の中に生きたい。夢から私を出さないで欲しい。

夢が世界で一番好き。儚い感じがたまらない。夢って概念を思いつく人類は本当にすごい。しかもこの概念が日本だけのものなんじゃなくて遠くの英語って言語でも存在する概念ってのがすごい。大好き。夢は現実じゃないから夢なんだよ。現実になれば夢は夢じゃなくなるんだよ。絶対に存在しないものが夢なんだよ。夢って概念すごい。「夜に寝て居る間脳みそが作り出す意味不明世界」と「自分のまだ見ぬ未来で叶ったらいいなって思う希望」が同じ言葉なのがすごい。複数言語で同じ言葉で概念として成り立って居るのがすごい。夢ってやっぱりすごい。私を夢に閉じ込めて欲しい。死にたいって思ってるけど唯一夢がなくなってしまうことが死ぬことのダメなところだと思う。死んだら夢になれるなら最高。魂を夢にして欲しい。私は夢を見られるから今生きていられるんだと思う。死にたいとは思ってるけど私から夢を奪わないでね




でも私の夢はいつまでたっても夢以外のものになれないから辛いままなんだよ




いくら泣いても現実世界どうにもならない。でもめっちゃ泣く。泣かないとやってられない。泣かないと本当に夢が死んじゃう。泣かないとダメな状況なんですよ。泣くの嫌いだし、泣いてる人が世界一腹たって嫌い。はー。泣いたら涙がしょっぱいのはロマンチックで好き。めっちゃ粋じゃない?神様の仕業なら神様にノーベル賞だよ。しょっぱくなくても良いけど、でもしょっぱいってのが更に粋だね。こういうところ人間好き。私が神様だったらなーって思うけど私だったらこんなこと思いつかない。だから神様じゃなくてよかった。メンヘラポエマーだから、涙とか夢とか愛とか大好きだね。




人生世知辛いことばっかりだよ。なんで生きてんだろーね。意味があってそれを成さないと気が済まないとか考えてるのウケるね。またはその意味を論破して神様なんなんアホやんけ!って言いたかったのかね。



何にかはわからんけど、人生、選ばれる人間と選ばれない人間がいて、多分私は選ばれない人間だから悲しい。でもそれは誰のせいでもなくて、でも私のせいで、でも私のせいじゃないのよ 諦めるべきなんだけどね 諦められないから私なのよ




ほっといてほしい