にゃん

性悪女の肥溜めブログ

自分に酔ってないとやってらんない

なんか、放っとけば私のモヤモヤとか色々、結局忘れて消えちゃうんだけど、でもなんか消えたら可哀想な気がする。なんだか分からないけど残したいからアップロードする。よく後々後悔するけど。

しょっちゅう昔流行ってて自分も好きだった何かを漁り回してる。それが好きだった頃の自分のことよく思い出せるし昔好きだったものって結局今でも好きなことが多い。でも流行り物だったから結構今は廃れてる。あまりにも現金すぎる気がして必死に関連のものを見て回って「やっぱり好きだなぁ」って薄っぺらく思う。なんだか満足する。

なんか、ゆっくりじわじわ首を絞められてる感じがする。ネガディブすぎていいこと一つもなくて悪いことばっかりな気がしてしまう。無気力。分かってもらいたくもないのに「私のこと誰も理解してくれない」って思う。自分には何もない気がする。自分があまりに中途半端の塊だからって自己嫌悪になりすぎてる気がする。なんだか自分の考えを自分で否定することを繰り返してる。フツーに自分にさえ否定されまくりの自分が可哀想な気がする。他人はみんな上手くいってるように見える。一生いい方向にはいかない気がする。ふとしたとき何かに写ってる自分の顔が酷くブサイクだからさらに嫌な気持ちになる。

コンプレックスと自己嫌悪と虚無感で心は滅茶苦茶だけど、体は至って健康体でそれどころか免疫力とストレス耐性人よりあるから、当然誰にも心配されない。さびし〜