にゃん

性悪女の肥溜めブログ

あ〜

なんだかノイローゼ。何をしていても嫌な気持ちになってしまう。死にたい。きつい。ずっとこんな感じ。

なんかこう、偉そうに哲学的にいろんなことを考えてみる。安っぽい物語の序章みたいな変なこと考える。なんてゆうか、何かを好きになるって大変だと思う。私は一度何かを好きになると嫌いになるまであーだこーだ辛くなってしまう。好きなものの一番になりたくなるし、好きなもののことすべてを知りたくなるし、他人に好きなことを否定されたくないし、見返りを求めてもしまう。好きなのに何だか客観的にみると本当に好きなのかよくわからなくなる。一番になんてなれないし、全てなんて誰も教えてくれないし見せてもくれないし。分かっててそれでも何となくそうしてしまう。なんて言えばいいかわからない。 恥ずかしがってモヤモヤさせて説明してしまう。どうせ私の身元なんてわからないようにしてるし、ぶっちゃけてしまえば、恥ずかしながら、アイドルのりあこなのです。でも、好きになったのなんてつい最近で、古参どころか普通のファンでさえ「ハァ?」って感じだとおもう。だから恥ずかしい。そうじゃなくても恥ずかしい。死にたい。自分でも死んだ方がいいとおもう。なんかこう、モヤモヤする。別にそのアイドル好きになる前から死にたかったけど、更に自分に嫌悪感を感じてしまう。なんかよくわからなくなってきた。

ねむいしねようとおもう。よく効く抗うつのお薬が欲しい。暫く、安心感を味わってない気がする。安心したい。安心したいし、意味とか無くていいから幸福感が欲しい。何も考えなくて済む方法が欲しい。死ぬ勇気が欲しいよーーーお

広告を非表示にする

おかしいぞ

夏休みなのになんでこんな鬱なんだろお〜〜

自分に何にもないのが露わになった(?)からなのか…?学校がないと色々ぐるぐる考えさせられてしまうよ〜お〜お〜さっさと死にた〜〜〜

なんかこう、具体的にはかけないけど、無理って最初から分かりきってるのに心の奥底では0.000000001%とかそれ以下の確率の希望を持っちゃって、それを更に否定するような情報入ってくると更に落ち込むの、不毛すぎてつらい〜せめて私の顔が可愛かったらな〜ぶっさいくやから救えない

なんか死にたいって言っとけば許されるみたいな感覚で死にたいって言ってしまう…そんなこと1ミリも思ってないの〜ほんと〜に死にたいけど〜そんな勇気も元気もないの〜〜

せめて努力できる強い心が欲しかった〜つらい〜頼れる人が1人もいない さびし〜 自分が嫌な人間だから、誰と関わるにしてもどこか不満が産まれちゃってそれを消化できずにいるとずっとモヤモヤすることになっちゃうから、人と必要以上話すのはやめたほうがいい………たすけて〜 誰もたすけないで〜〜

お金があったらせーけーするのに〜…でもせーけーしても好きな人に可愛いって言われなければ意味がない、言われるなんて保証1ミリもないからそんなデカイお金掛けられない〜…無理ってわかってるけど好きな人と結婚したいの〜〜でもあまりに魅力がない…

なんかグズグズ自己嫌悪してるナァ ね ウン ねむねむなの〜だれか〜他人に優しくされたい〜他人に寝かしつけられたい〜質の良い睡眠しばらくできてないよ〜 萌えキャラになった気分で電波な言葉遣いで話すの楽しいなの ほぇ

広告を非表示にする

あたまおかしー

自分のこと特別だと思い込んでる。

このことが正しいか正しくないかは何か考え始めたら堂々巡りで悲しくなってくる。私の中の「自分は全く特別なんかではない」勢力は余裕で優勢だけど「自分は特別」勢力は私の希望でなんとか死なずにすんでる。特別であって欲しいって思ってるけどその側面で絶対に特別じゃないってわかってるから悲しくなる。必死の抵抗でただひたすら堂々巡りする。

正しいかどうかはどうでもいいんだけど、特別だと思い込んでるから自分の思ったことをいちいちメモしたくなる。なんならみんなに見せたくなる。こんなに素晴らしいんですよ私!って。だからいちいち自分の中にとどめておくのがもったいなくて仕方なくてこんな風に書いちゃうし、人が少ない道中で嬉しい気分だとなんとなく歌ったりする。感情を中だけに抑えておくのはもったいない気がしてしまう。最近読んだ本ではこういう似たような感覚を「持て余してる」って表現されてて、私もそうなんだなって思う。大人になったら持て余すこともなくなるのかな。大人の心の容量が大きくなるのか、感性が縮んでしまうのか、どっちなのかな。

どっちにしろ私は大した人間じゃないけど、自分の中では大した人間だと思い込んでるヨ 痛々しいね

なんかこうーーーーもやもやするなのーーーーー

広告を非表示にする

ほほ(o^^o)

なんか〜〜なつやすみは〜〜うれし〜〜〜♡♡♡!

嫌いな同級生に会わなくていい!嫌いな先生に会わなくていい!毎朝嫌な気持ちにならなくていい!!いひひ!!なんて幸せなの。

幸せですけど。インターネットのつよい時代、100%忘れることなんてできないの。SNSで毎日嫌な同級生とも顔を合わせることになるなの。あは… クラスメートは毎日遊び回って、ご飯と自撮りとプリクラをアップするなの。ぼくはまともに友達なんていないから、ずっとお家だよ。しにたい。しにたい…。

クラスメートとは!会いたくないの!でも!一切誰にも誘われない!遊ばない!みんな楽しそうなのに私だけその楽しみを味わえない!悔しい…何か特別な何かをしているならその分別の楽しみを味わえるんだろ〜けど、私は家で何もしてないの…。馬鹿みたいだ…それなら学校いつも通り通ってる方がマシかもしれないね。

ほんとーに私は、嫌な人間だから、本当に下らない人間。いつも意識では、仲良く楽しく気を使って人も話そう!って心掛けだけど、いざ人と話すときは何となく意識がない。脳みそが死んでる。それで、話が終わった後に、「あれっ、もしかしてあの発言は相手を傷つけたかもしれない…」って思う。反省はするけど改善は一向にされない。学ばないダメな人間だ。しにたい。 そんでもってでも、私はいっつもちゃんと他人に気を使いまくろう!って思ってるからそれなりの人間だと自分のこと思ってたけど、よく考えたら性格が悪いのかもしれないって思った。意識して嫌がらせはすることはある。下らないけど、嫌なこと言われたらその人に対してわざと嫌味は言うし、邪魔なのに口で言っても退かない人にはわざとぶつかったりはする。でも、そう言うのじゃなくて、好意的に接してるつもりでも相手に嫌な思いをさせてることが多いような気がしてきた。 そんな気がして仕方なくて、思い返せば心当たりがたくさんあって、そこからもう、私は嫌な人間だ駄目な人間だ…って思って、考えるのに疲れてそのまま寝ちゃって。そこで終わればいいのに、その日の夢はクラスメートからとにかく「あんたは嫌なやつだ。性格が悪い。」って言われる夢を見てしまって、もうなんだか、自分の性格の悪さに心が囚われてしまう。 開き直って、他人がどう思っていようと私は注意されないと改善しない!って心に決めたけど、やっぱり口に出されなくても心の奥底で「嫌な人間だ」って思われるのが嫌で、やっぱり他人にはいい人だって思われたいし、仲が悪くなるより仲良しになりたい。

こーゆー変な自己嫌悪ばっかり起こるから、外に出るのが嫌いなんだよ…………誰とも話さなければ、どうとも思われないんだから、誰とも話さなくて済むようにインターネットもやめて外にも出なくなればいいんだけど、家族以外のみんなに私のことを忘れられたり中途半端に思い出されたりするのは嫌だ。一度社会に出てしまったらもう逃げられないのかなあ

広告を非表示にする

あいに〜うえている〜

さびひ〜〜〜かなひ〜〜人生の全てがつらいょ

どのジャンルでも起こる古参と新規の相関クソほどど〜でもい〜…なのにファンは争うんだよ なんで? 大体古参が文句言うだけで新規は全く古参を攻撃することはないけど、古参サイドにもガチなモンペ古参とナンチャッテ古参がいるし、大体偉そうな上から目線と「新規を優遇するな!古参を優遇しろ!」って姿勢。なんなんだよ〜〜〜〜ぉぅ 多分ですけど〜運営サイドは〜新規古参とか超絶どうでもいいと思ってますよ〜不毛すぎる醜い争いやめろよな どのジャンルに行っても面倒くせえファンがいるから孤立してたいよ

さびしい ブスが人並みに思春期やってる アイデンチチーに悩まされる 私には青春はこなかった 努力もしてない きみちゃん かなしい 神様にお願いして何か一つものをもらえることになったら何が欲しいかな。お金は自分で貯める。可愛いお顔かな、圧倒的な何か才能も欲しい、カリスマ性が欲しい、特別な何かが欲しい。唯一無二の何かが欲しい。特別になりたいの〜みんなと一緒じゃ埋もれちゃうもんいやだよ。 でも、神様がもし何か一つお願い事聞いてくれるとしたら、今の私なら、勢いで推しを猫にしてもらう、それで家で飼う。猫にして仕舞えば独り占めしても文句は言えないもん。りあこじゃ無いけどね、私含めた多くの人々を魅了するような生き物を自分の手中に収められたらなんて爽快なんだろうなって思うから。多くの人の一番を独り占めしたい、いざ、出来るよ!ってなっても出来るほど肝は座ってない。ちゅ〜とはんぱ人間。

人生負け組 生きる気力でない 好きな子が慰めに来てくれないと無理だ でも好きな子なんていない その人は私のこと好きなんかじゃなくていいから、私が好きな人と幸せになりたい 自分以外の誰かの幸せを気遣えるほど私には余裕がないよ

ねこになりたいにゃ〜

むなし〜…

なんか虚しい、虚しいよ〜〜

今日あった嫌だったこと、適当にブログで愚痴を勝ちてる途中でサファリが落ちた。 何千字も書いてたのに全部消えてもうボンヤリ。そもそも愚痴を書いてたって事実をなぜか改めて自覚して自分のクズさに絶望。虚無感。死。

昔の同級生が活躍してるのを見た。同級生としてちょっと誇らしい。でも自分と見比べてこの体たらくにもう死にたくなった。

好きなアイドルの動画を見てた。何回も見た動画なのに飽きない。最高にキラキラしてて大好きだなぁって思った。たったそれだけ。思っただけで何にもならない。一気にテンションが下がる。最悪

広告を非表示にする

自分に酔ってないとやってらんない

なんか、放っとけば私のモヤモヤとか色々、結局忘れて消えちゃうんだけど、でもなんか消えたら可哀想な気がする。なんだか分からないけど残したいからアップロードする。よく後々後悔するけど。

しょっちゅう昔流行ってて自分も好きだった何かを漁り回してる。それが好きだった頃の自分のことよく思い出せるし昔好きだったものって結局今でも好きなことが多い。でも流行り物だったから結構今は廃れてる。あまりにも現金すぎる気がして必死に関連のものを見て回って「やっぱり好きだなぁ」って薄っぺらく思う。なんだか満足する。

なんか、ゆっくりじわじわ首を絞められてる感じがする。ネガディブすぎていいこと一つもなくて悪いことばっかりな気がしてしまう。無気力。分かってもらいたくもないのに「私のこと誰も理解してくれない」って思う。自分には何もない気がする。自分があまりに中途半端の塊だからって自己嫌悪になりすぎてる気がする。なんだか自分の考えを自分で否定することを繰り返してる。フツーに自分にさえ否定されまくりの自分が可哀想な気がする。他人はみんな上手くいってるように見える。一生いい方向にはいかない気がする。ふとしたとき何かに写ってる自分の顔が酷くブサイクだからさらに嫌な気持ちになる。

コンプレックスと自己嫌悪と虚無感で心は滅茶苦茶だけど、体は至って健康体でそれどころか免疫力とストレス耐性人よりあるから、当然誰にも心配されない。さびし〜